注目キーワード
  1. SDGs
  2. ESG投資
  3. フードシェア

複利とは?時間を力に変えるマジック【アインシュタインもびっくり】

複利は人類最大の発明である

複利という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

アインシュタインをして、「人類最大の発明」と言わしめたのが複利です。

つまりアインシュタインにしてみれば、

複利を使わないのは電話やインターネットを使わないことと同じかそれ以上なのかもしれません。

そんな凄い複利を知らずに生きるなんてもったいない!

複利っていったいなんなのか?なにが凄いのか?を解説します。

合計の利息がいくらになるか計算しよう

いまここに、1万円をもっているAさんがいます。

Aさんに、こんな投資話が飛び込んできました。

1か月の利周りが100%の投資があるんだ。つまり、1万円を投資すれば、1か月後には1万円が利息としてもらえることになる。ぜひやってみないか。
関連記事

お金に関する言葉には、似たような言葉がたくさんあります。 今回は、その中でも間違えやすい「利子」「利息」「金利」「利回り」について図を使って解説します。 使う場面 これらの言葉を使うのは、お金の貸し借りをする場面です。 […]

いい話だと思ったAさんは、さっそく自分の1万円を投資することにしました。

さてここで問題です。

Aさんのお金は、1年後には何円になっているでしょうか?

Aさんの1年後のお金は、最初に持っている額と、投資したことで得られる利息を合計すれば計算できそうです。

つまり、1年間で得られる利息を知ればいいわけです。

実はこの利息の計算にこそ、複利が関わっています。

2つの具体例から、Aさんのお金がどうなるか見ていきましょう。

単利とは

1か月後の資産

スタート時点では1万円の資産だったAさん。1か月の利回りが100%なので、1か月後には利息として1万円がAさんの手元に入りました。

その結果、Aさんの合計の資産は2万円になりました。

Aさんは、ちゃんと利息がもらえたことに安心して、投資先のお金の1万円はそのままにしておくことにしました。

2か月後の資産

2か月後、またもAさんの手元には1万円の利息が入ってきました。

先月も1万円をもらっているので、Aさんの合計の資産は、3万円になりました。

Aさんはよしよしと思い、1年後までずっと、投資先のお金の1万円はそのままにしておくことにしました。

1年後の資産

さあ、1年後、Aさんはどれだけの利息がもらえたでしょうか。

そして、Aさんの資産はいくらになったでしょうか。

Aさんは、毎月1万円を利息としてもらいました。12か月では、合計12万円になります。

さらに、投資先のお金の1万円があるので、Aさんの合計の資産は13万円になりました。

単利の結果

今のAさんの資産運用をもう一度確認してみましょう。

1か月目2か月目12か月目
投資先のお金1万円1万円1万円
今月もらえる利息1万円1万円1万円
今までにもらった利息1万円2万円12万円
総資産2万円3万円13万円

ポイントは、投資先のお金が常に一定なことです。

1か月目も、2か月目も、ずっと1万円です。

1年の間にAさんの総資産は増えていますが、自分の総資産に関わらず、常に投資額は最初の1万円になっています。

そしてその結果、毎月もらえる利息も、一定です。

このように、自分の総資産にかかわらず、常に投資額を常に一定にしたときの利息を、単利と呼びます。

本質的には「単利」とは、常に投資額を一定にしたときの「利息」ではなく、そのような「作戦」のことを表します。
金利の中に単利や複利があって、どちらが偉いというような話ではないことに注意しましょう。

複利とは

さて、時間を巻き戻して、もう一度Aさんが投資話を始めるところに戻りましょう。

1か月の利周りが100%の投資があるんだ。つまり、1万円を投資すれば、1か月後には1万円が利息としてもらえることになる。ぜひやってみないか。

1か月後の資産

1か月後の資産は同じです。利息を1万円もらったので、Aさんの資産は2万円になりました。

Aさんは、ちゃんと利息がもらえたことに安心して、投資先のお金の1万円はそのままにしておくことにしました。

そしてさらに、いま利息でもらった1万円も、追加で投資することにしました。

なんとAさんは、投資額を増やすことにしたのです。まさに倍プッシュ。そうすると2か月目以降どうなるでしょうか。

2か月後の資産

1か月後にもらった1万円はそのまま投資先に入れるので、2か月後の投資先のお金は2万円になっています。

そうすると、利息は100%なので、2か月後にもらえる利息は2万円になります。

よって、Aさんの合計の資産は4万円になりました。

Aさんはよしよしと思い、1年間の間ずっと、もらった利息も全部その場で投資することにしました。

12か月後の資産

さあ、1年後、Aさんはどれだけの利息がもらえたでしょうか。

そして、Aさんの1年後の資産はいくらになったでしょうか。

驚くなかれ、12か月後

Aさんがもらえる利息は、2048万円になりました。

そして、1年間でもらった合計の利息はなんと4095万円です!!

最終的なAさんの資産は、4096万円になりました。

結果が信じられない人は、紙と電卓を使ってぜひ計算してみてください。

複利の結果

先ほどと同様、Aさんの資産運用をもう一度確認してみましょう。

1か月目2か月目12か月目
投資先のお金1万円2万円2048万円
今月もらえる利息1万円2万円2048万円
今までにもらった利息1万円3万円4095万円
総資産2万円4万円4096万円

ポイントは、投資先のお金がどんどん増えていることです。

もらった利息を、すべて同じ投資先につぎ込んでいます。

このように、投資からもらった利息を毎回同じ投資につぎこんだときの利息を、複利と呼びます。

単利では、投資先のお金が1万円で一定でした。
複利では、「自分の総資産に対する投資額の割合」が一定になっています。今回であれば、投資先のお金は常に自分が持っているお金の100%です。これは、資産運用の「リバランス」を常にしている状態です。
「リバランス」について気になる人は、下の記事を見てみましょう。
関連記事

資産運用の第一歩は、「資産運用とは何か」を考えることです。 これを知らずに資産運用をしている人は、まさにネギを持ったカモになってしまいます。 今回は、そんなことは許せない人のために、資産運用とは何かを詳しく説明します。 ち[…]

【驚愕の違い】単利と複利の結果比較

結果が出そろったところで、グラフで結果を見比べてみましょう!

このようなグラフを見たことある人もいるのではないでしょうか。

単利に比べて、複利は圧倒的に資産が伸びています。

これが、アインシュタインも驚いた「複利」の力です。

そして、今から最も重要なポイントをお話しします。

それは、横軸が時間なことです。

複利とは、時間を力に変えるマジック

資産運用や投資は、時間を力にします。

言い方を変えると、時間をお金に換えます。

まさに、時は金なりです。

複利とは、この力を最大限活用する方法なのです。

先ほどの例のように、この力を使えばスタートの資産が少なくてもどんどんと量は増えていきます。

特に、時間が多く残っている若い人にはとても有利な仕組みが複利です。

あなたも複利を味方につけて、よりより資産運用をしてみましょう。

最新情報をチェックしよう!