注目キーワード
  1. SDGs
  2. ESG投資
  3. フードシェア

【利子・利息・金利・利回り】意味と違いを図解します。

お金に関する言葉には、似たような言葉がたくさんあります。

今回は、その中でも間違えやすい「利子」「利息」「金利」「利回り」について図を使って解説します。

使う場面

これらの言葉を使うのは、お金の貸し借りをする場面です。

お金の貸し借りをする場面はたくさんあります。

身近な例だと

  • ちょっと友達に千円を貸してみる
  • 家を買うときに銀行から住宅ローンとして1千万を借りる

などが挙げられます。

さて、お金の貸し借りの場面では、お金はタダでは借りられないことがほとんどです。

お金を借りる人は、お金を貸してくれる人にお礼を渡します。

たとえば、100万円を借りた人は、100万円を返す時に、お礼として1万円を追加して返します。

100万円を貸した人は、1万円を追加して返してもらいます。

ちなみに、100万円を借りて1万円を追加しているので、お礼の割合は1%です。

表で表すと次のようになります。

内容お礼の割合お礼の金額
100万円の貸し借り1%1万円

お礼の「割合」にも注目しているのは、貸し借りの金額はいつも同じではないからです。

たとえば、100万円ではなく、200万円を貸し借りする場面を考えてみましょう。

内容お礼の割合お礼の金額
100万円の貸し借り1%1万円
200万円の貸し借り1%2万円

いくら貸し借りする場面でも、お礼の割合だけわかっていれば、お礼の金額が計算できます。

さて、この時の「お礼」に注目したものが、「利子」「利息」「金利」「利回り」です。

利子・利息・金利・利回りの説明

借りる人にとってのお礼が「金利」と「利子」

先ほどの例で、まずは借りる人の立場になってみましょう。

借りる人にとって、お礼の割合は1%です。

借りる人にとって、お礼の金額は1万円です。

このとき、お礼の割合を「金利」、お礼の金額を「利子」と呼びます。

金利は割合、利子は合計額です。そのため、「金利を払う」というような言い方は通常しません。正しくは、「利子を払う」になります。

貸す人にとってのお礼が「利回り」と「利息」

同じように、次は貸す人の立場になって考えてみましょう。

貸す人にとっても、もらうお礼の割合は1%です。

貸す人にとっても、もらうお礼の金額は1万円です。

このとき、お礼の割合を「利回り」、お礼の金額を「利息」と呼びます。

「1%」と「1万円」は、全く同じですね。変わったのは、呼び方だけです。

つまり、金利と利回りは、借りる人から見るか、貸す人からみるかの違いです。

利子と利息も、借りる人から見るか、貸す人から見るかの違いです。

まとめて確認

ここまでの話をまとめてみましょう。

立場内容 お礼の割合お礼の金額
100万円の貸し借り1%1万円
借りる人100万円借りる金利利子
貸す人100万円貸す利回り利息

どの言葉も、お金の貸し借りの「お礼」について言っているものになります。

そして

割合なのか?それとも金額なのか?

借りる人目線なのか?それとも貸す人目線なのか?

によって、どの言葉が当てはまるかが変わります。

最後に、もう一度復習です。

  • 金利 :借りる人 から見た お礼の割合
  • 利子 :借りる人 から見た お礼の金額
  • 利回り:貸す人  から見た お礼の割合
  • 利息 :貸す人  から見た お礼の金額

以上、間違えやすい「金利」「利子」「利回り」「利息」のお話しでした。

お金を貸すことは、投資の一部でもあります。
そのため、資産運用や投資でも「利息」や「利回り」は大切な言葉になります。
特に「利回り」は、投資や資産運用の「リターン」とほぼ同じです。投資や資産運用が気になる方は、こちらの記事もご覧ください。
関連記事

投資や資産運用をしている人にとって、最も重要なのが、「リスク」「リターン」という言葉です。 皆さんはどういったイメージを持っているでしょうか。 リスクってなんか怖いことだよなあ。リターンって美味しそう。 ざっとそんなイメ[…]

最新情報をチェックしよう!