注目キーワード
  1. SDGs
  2. ESG投資
  3. フードシェア

半年複利とは?意味と計算方法を解説します。

複利の1つである「半年複利」。普通の複利と違うの?どうやって計算すればいいの?という方向けに、意味と計算方法を解説します。

半年複利を1年複利と比べてみる

利息や利回りは、よく期間を1年として表します。そのため、複利についても1年複利が基準になることが多いです。

半年複利とはなにか?を考えるために、1年複利との違いを考えましょう。

関連記事

複利は人類最大の発明である 複利という言葉を聞いたことがあるでしょうか? アインシュタインをして、「人類最大の発明」と言わしめたのが複利です。 つまりアインシュタインにしてみれば、 複利を使わないのは電話やインター[…]

1年福利の場合

1年間で「100%複利」の投資先があったとします。

この投資先に、1万円を投資した場合、1年後のお金はいくらになっているでしょうか?

答えは、もちろん2万円です。

1年後のタイミングで、利息として1万円がもらえます。

半年複利の場合

では、次に、半年ごとに「100%複利」の投資先があったとします。

すると、半年後には利息を1万円もらえます。

また、複利なので、もらった利息も再投資します。

よって、さらに半年たった1年後には、利息を2万円もらえます。

半年複利は、利息をもらえるのが半年ごとなだけ

このように、半年ごとに利息をもらい、それを再投資する方法が半年複利です。

対して、1年ごとに利息をもらい、それを再投資する方法が1年複利です。

つまり、半年複利だろうが、1年複利だろうが、期間が違うだけで、やっていることは全く変わらないということです。

半年複利の計算方法

「半年複利」と「1年複利」、やっていることは変わらないですが、ポイントは「利回り」の比較の仕方です。

先ほどの例では両方とも利回りは「100%」でしたが、1年後の結果は違いました。それはもちろん、「半年複利が100%」なことと、「一年複利が100%」なことでは、条件が違うからです。

では、どうやってこの二つを比較すればよいでしょうか?

そのためには

  • 半年複利を1年複利に計算しなおす
  • 1年複利を半年複利に計算しなおす

のどちらかが必要になります。

関連記事

お金に関する言葉には、似たような言葉がたくさんあります。 今回は、その中でも間違えやすい「利子」「利息」「金利」「利回り」について図を使って解説します。 使う場面 これらの言葉を使うのは、お金の貸し借りをする場面です。 […]

半年複利を1年複利に計算しなおす

さきほどの例を考えてみましょう。

半年で100%増える投資と、1年で100%増える投資を比べました。その時の資産の推移をみてみます。

スタート半年後1年後
1年複利1万円2万円
半年複利1万円2万円4万円

1年複利は、1年後2万円になっています。

半年複利は、1年後4万円になっています。

利回りの計算結果

このとき、1年たったときの利回りを計算してみましょう。

スタート半年後1年後利息合計1年の利回り
1年複利1万円2万円1万円100%
半年複利1万円2万円4万円3万円300%

1年複利の場合は、1万円が元本で、1万円が利息です。そのため、利回りは100%です。

半年複利の場合は、1万円が元本で、3万円が利息です。そのため、利回りは300%です。

このように、半年複利100%は、1年複利に直すと300%になりました。

100%と比べると、結果が3倍異なるということです。

このように、半年複利を1年複利に計算しなおすときには

1年複利 = (1+半年複利)の2乗 - 1

で計算できます。

「100%」は「1」を意味しますので、半年複利に1を入れて計算してみてください。

これを使えば、なんでも比較が可能になります。

この式を使えば、1年複利と半年複利が比較できるようになります。

1年複利50%の投資先
半年複利20%の投資先

どちらが優秀な投資先でしょうか?

比較するために、②を1年複利に計算しなおしてみましょう

1年複利 = (1+0.2) の 2乗 - 1

         = 1.2 × 1.2 – 1

         = 0.44 (44%)

つまり、①のほうが利回りが高い優秀な投資先となります。

逆に、①の1年複利が43%の場合は、②のほうが優秀な投資先ということがわかります。

1年複利を半年複利に計算しなおす

逆に、1年複利を半年複利に計算しなおすことも可能です。

この考え方は、連続複利の計算において非常に大切になります。

方法は簡単で、さきほどの式に入れれば計算できます。

1年複利 = (1+半年複利)の2乗 - 1

たとえば、1年複利が700%(7)のときの半年複利を計算してみましょう。

7 = (  1 + 半年複利 ) の2乗  ―  1

半年複利 = 3 (300%)

よって、1年複利が700%のときの半年複利は、300%です。

半年複利を1年複利に計算するほうが簡単です。
比較するときは、最初の方法を使いましょう。

まとめ

以上、半年複利の意味と計算方法を説明しました。

  • 半年複利は、半年ごとに利息がもらえてそれを再投資する
  • 半年複利も1年複利もやっていることは変わらない
  • 半年複利を1年複利に計算しなおすほうが簡単

複利を制する者が資産運用を制します。

しっかり理解を深めましょう。

最新情報をチェックしよう!