注目キーワード
  1. SDGs
  2. ESG投資
  3. フードシェア

【Adress】憧れの国内ノマド!月4万サブスクで多拠点生活が実現

  • 2019年11月13日
  • 2020年1月5日
  • 節約
  • 1098view

賃貸では一般的に2年~4年くらいは住むというイメージがありますよね。

途中で引っ越したいと思っても、引っ越しは準備が面倒、引っ越し費用や新居での敷金礼金が掛かる等の理由から断念したなんて方も多いのではないでしょうか。

また最近では場所に縛られない働き方をするフリーランスも増えており、その数は国内で1,119万人もいるそうです。旅をしながら、仕事をするなんていう生活に憧れる方も多いと思います。

サブスクリプションアプリ『ADDress』は空き家などを利用してそんな新しい生き方をサポートする多拠点プラットフォームです。ここではその内容を紹介していきます。

『ADDress』ホームページはこちら

敷金・礼金・保証金なし!月4万円で手に入れる新たな生活スタイル

『ADDress』では管理している物件にあらかじめ予約することで住むことができます。各物件には「家守」と呼ばれる管理人がいるので、何か困ったことがあった際も安心です。

基本料金には、電気、ガス、水道、ネット回線料、予約されている個室、ドミトリ(レギュラー会員)が含まれています。通常の賃貸暮らしと比べると、電気等の諸費用も含まれているのはうれしいですね!

一方、キッチン、バス、トイレ、リビング、洗濯機等は共有スペースとなり家によっては別途利用料金がかかります。

全ての家ではないですが、多くの家に駐車場があるので車で移動しながらの旅生活も一考です。

現在の物件数は全国で24件なので、全国を旅しながら生活したい方にはまさにもってこいですね。

より物件数が増えてくれば会社員の方なども利用したりと、一部のみならず多くの人の生活スタイルを変えうるサービスです。

料金プラン詳細は以下の通り

『ADDress』ホームページより引用
『ADDress』ホームページより引用

同室利用は一親等(妻、夫、両親、子)+孫が可能になっています。この範囲であれば追加料金はかかりません。

恋人や友達の場合はオプション2万円で一緒に宿泊できます。一人あたりで見ると3万円と安くなるので、一緒に利用するのもアリですね。

ただ各部屋には収容人数が決まっているので、事前に確認しましょう。

予約する際のルールは3つです。

①同じ家の連続滞在は7日まで

②一度に予約可能な日数は14日まで

③3か月先まで予約可能

多拠点生活が念頭にあるので、ひとつの場所に定住することはできないみたいですね。

『ADDress』ホームページより引用

さまざまな企業とも提携しており、アメニティも充実しています。

各場所の人や文化と触れ合う

このサービスのひとつの醍醐味は、その人や場所、食などに出会えることにあります。

各拠点によってイベントや1日感動体験を不定期で開催しています。

家守や利用者同士の交流もあり、楽しい時間が過ごせそうです。

家守はその場所に定住しているので、地域のおいしいお店なども教えてくれます。

物件提供や家守を行うことも可能

全国の空き家は846万戸もあります。そのまま寝かせておくのであれば、新たな感動体験を生む場所として提供してみてはいかがでしょうか。

貸出だけでなく、売却希望も出せます。

また家守になりたいという人も募集しています。報酬は月2~5万円で、住み込み(家賃は0円、報酬0円)で家守になることもできるそうです。

『ADDress』ホームページはこちら

最新情報をチェックしよう!